Session memo-At Home With…

カテゴリーについているメモに関しては、クリエイティブ・ディレクター石井うさぎさん、弊社内の有志の協力によって作成いたしました。ご視聴の際に参考になれば幸いです。
Day 3に関しては「Activism day」とテーマ付けされており、様々なアクションについて取り上げられています。
リンク先は外部サイトに移動します。

① Day 1

At Home With… Wyclef Jean
Talent: Wyclef Jean, Hyla
Category: At Home With….
時間:10分

YouTubeもない時代に活動をしていたことを思い出す。多くのプロデューサーが「フージーズ?ないね」と言われた。Steve Jobsと僕らの共通点は、彼らはガレージで、僕らは地下で音楽とPCをそれぞれに「エンジニアリング」していた。表現者として、自分を世の中の「文化(音楽、ファッション、政治)」にエンベッドする(埋め込む)ことが必要。
人種差別について。自分もロサンゼルスで警察に止められたことがある。トランクにバンダナがあったが一部が赤かったので血だと間違われた。緊張が走った。
今はビデオで世界にこういった状況を伝えられる。George Floydが警察に首をおさえられなくなった時も17歳の女性がビデオで撮影していた。様々な人種の命を奪うことはありえない。クリエーティブの人々も今の時代の文化に自らがエンベッドできているか?自問自答した方がいい。

② Day 2

At Home With… Alex Rodriguez
Talent: Hyla , Alex Rodriguez
Category: At Home With….
時間:15分

野球スターだったアレックス・ロドリゲスが登場。奥様のジェニファー・ロペズさんとの報道も相変わらずたくさんみますね。
インタビュアーのHyla から「SNSに家族の映像をのせてますね、プライバシーとのバランスは?」とやっぱり突っ込まれます。
今、50代後半で娘たちには野球に比べて、TikTokでの試合時間は短いね、とディスられているそうです。

1935年に設立されたドミニカのPresidenteというビールのCMの話をしています。アメリカとドミニカの二重の国籍を持っているアレックス。Presidenteといえばドミニカと同義語だと語る、彼の人生を追ったような作りになっているCM。

今の時代に、人の心のツボをわかっているブランドとそうではないブランドの違いは、
(差別などカオスがそこここにみられるが)信じたことをきちんとブレのない「声」で伝えられるかどうか。

③ Day 4

At Home With… Anupam Kher
Talent: Anupam Kher, Hyla
Category: At Home With….
時間:15分

インドの俳優、作家、国連のブランドアンバサダーであるAnupam Kher氏。
1ドルしかポケットに入ってないのにムンバイに出てきて、髪もなく痩せているのにどうやって俳優になるのか?と言われてきた。でも僕は「永遠のオプティミスト(楽観主義者)」だ。失敗してもいいんだ。批判を受けてもいいんだ。僕は、小さい頃、小さな家に14人が一緒に住んでいる状況だったが、ハッピーだった。他の家の状況なんて知らなかったからね。自分たちが最高なんだと思っていた。貧乏にとって一番の宝はハピネスだ。人生、色々ある。500ドルという、初めてみるような大金でスタジオを建設し始めたら、すぐに使い果たし、借金まみれで、家も抵当に入れられた。撮影中に麻痺に襲われたりもした。でもどうにかなっている。なぜならある映画を撮りたいと思えば思うほど道が開けたから。普通インドで誰かが亡くなると、白い服とサングラスなどをしてお葬式に参列するが、僕の父が死んだ時は参列者にカラフルな洋服をきて欲しいとお願いして、お祭りのようなお葬式にしたんだ。
その時に母が息子=僕に対して「ばかもの」と言い一蹴されたが、それがバズって今は有名人になった。

twitter

ARCHIVE PAGE